2017/06/28

岩がきれいで、ラインも美しい、最小限のホールドで内容が構成されている、というのは多くの場合難しくなります。その時に自分の力が足りなければ、登ることができないじゃないですか。そんな事態を避けるために、トレーニングして強く上手くなっておく必要がある、まだ見ぬいい課題のための準備をする、というのが私の普段のクライミングのスタンスです。

2017/06/27

昨日はツタンカーメンの後はハットエリアへ。穴会長が面白そうだったが、湿気っていて、すっぽ抜けて吹っ飛びそうだったので、様子だけ確認しておくことに。もうちょっと天気の良い時にやろう。他にも探しながら登り、次への目標を色々品定めしておく。

2017/06/26

今日は1年振りのカサメリ沢のツタンカーメン。昨年は最後のムーブが解決できず悔しい思いをしたので、今年は花崗岩の得意な男を連れて行って、代わりにムーブを解決してもらう作戦に出る。ムーブを探ってもらったら、いいものが出てきてそれをパクらせていただく。ムーブパクリ王と呼んでください。花崗岩はやっぱり苦手であります。

2017/06/24

なかなか、自分の内なる欲求を正確に把握して、それを達成するために頑張る、というのは難しいことです。他人の期待に沿うのは簡単ですよ。自分の内なる欲求よりも、他人の期待の方が見えやすいですから。クライミングで言えば、他人の期待とは、褒められる、自慢できる、ということ以外にも、グレードが高いものを登ることが目的化する、ということも含まれます。グレードとはそれ自体が他人の作った尺度なわけで。振り回されれば、幸せからは遠のきます。

2017/06/23

クライマーには2種類のタイプがいる。リアリストタイプ、もしくは、ロマンチストタイプ。私は純度の高いリアリストタイプです。

2017/06/22

キューピーがAI導入(ディープラーニング)でジャガイモのダイスカットの不良を検出するってよ!当治療院のご近所さんのキューピー。人手不足の解消と効率化には、やはりこれからの時代にはAIなんでしょうか?攻殻機動隊がマンガだった頃には、AIなんてSFの世界のことだったのに。人海戦術でジャガイモの不良品を取り除く、なんていう機械的な仕事は機械に任せて、人間には人間にしかできないことをした方が良さそうですが、どうでしょう?鍼灸整体マッサージなんていうのは、人間にしかできない、アナログの極みのようなお仕事です