2016/11/24

このところ小説ばかり読んでいたので、ノンフィクションを読むことにする。佐野眞一「甘粕正彦 乱心の曠野」、村上春樹「アンダーグラウンド」の2冊を併読。アンダーグラウンドはなんだか医療で言うところの症例報告集みたいだ。なんの判断も評価もしないで、ただそこに事実を並べる。並んだものを見ているうちに、「何か」が自分の中に形作られて、見えてくる。症例報告集はこういう人が来たらこうするとか、単純な類型を発見するためのものだけじゃないのです。