2016/11/27

老化による身体の機能低下症状は様々ありますが、「逆流性食道炎」もそのひとつです。原因の一つとして、食道と胃の境目が緩んでしまうことが挙げられています。皮膚も歳をとるとたるんでシワができたりしますが、それが目に見えない内蔵でもおきていると考えるとわかりやすいでしょう。薬だけでは治りにくいようですが、他に対策が全くないわけではありません。皮膚だけでなく筋肉や関節は適切に使ってケアしていれば、老化の速度も遅くなります。内蔵もしかり。患者さんの傾向をみていると、逆流性食道炎を訴える方は、運動不足の中高年女性が多いような気がします。年齢は元に戻すことはできませんが、運動ならいますぐできます。運動して骨格筋を使うことは、内蔵の強化にもつながります。セルフケアの基本は食事・睡眠・運動です。この3つ以外にできることはほとんどありません。病気ではないけど不調なところがある方は、今日から少しでも運動を始めましょう。