2017/01/30

「好きな漫画家を挙げなさい」と聞かれたら、手塚治虫先生と荒木飛呂彦先生は外せない私です。この2人に共通しているのは「生命」。手塚先生は戦争を経験しているだけに、主義主張によって人が死ぬのを見てきているわけで、そんなものは馬鹿馬鹿しい、まず生き延びよ、というのがいろいろな作品から伝わってきます。また、荒木先生のジョジョシリーズが好きなひとならおわかりのように、テーマは「生命賛歌」です。生命を大事にする、というのがあるからこそ、お話の中で人が死ぬことに意味が出てくるんじゃないでしょうか。生命をかけても守るべきもの、しなければならないことはなんなのかと問うことができるわけです。私にとってのクライミングとは、生命をかけてするほどのものではありません。ただの真剣にやってる遊びです。安全第一、かつ、怪我絶対回避。