2017/02/24

マーティン・スコセッシ監督「沈黙」をみてきました。死ぬ前にもう一度読みたい小説を選べ、と言われたら原作の遠藤周作の小説は選びたいと思っているので、数年前に映画化が再始動したというニュースを見た時からずっと公開を待っていました。こんなに待ってて、つまらなかったらどうしよう、と想いがよぎったこともありましたが、全くの杞憂でした。映画の最後は、小説ではあえて書かなかったであろうことを映像化していて、映画の最後にふさわしいものでした。