2017/02/26

山野井泰史「垂直の記憶」を読む。沢木耕太郎「凍」は沢木耕太郎視点で山野井夫婦を書いた作品ですが、興味のある方はこちらも合わせて読むとより立体的に読めます。クライマー以外には読むのに時間がかかる内容だと思いますが、単語も内容も想像できる範囲なのでどんどん読み進められます。その分野のことを知っていないと、理解できないし速く読めないと言われますがまさにとの通りです。話は脱線しますが、奥多摩に垂壁の記憶っていうルートがあるんですよ。諸事情によりどことは言えませんが、事情が許せばたくさんの人にトライされるべきルートです。惜しい。ちなみに、山野井さんのルートではありません。