2017/03/16

菜食主義やめたら体調不良が劇的に改善した!というニュース(ネタ?)がヤフートピックスにありました。病気や体調不良という状態は言わば「極端な体の状態」であるので、それを正常にする、つまりマイナスをプラスにするために薬や食事療法というのが有効なのです。極端じゃない、正常・平衡の状態の体に「極端な食事療法」をするとどうなるでしょうか?それは当然「極端な体の状態」になります。つまり病気です。これはほぼ全てが食事という外的要因が原因の病的な状態なので、食事を正常に戻せばすぐに治ります。脚気の人にはビタミンAを、生理不順の人には油脂を、ペラグラ皮膚炎の人にはビタミンBを。また、手前味噌になりますが、鍼灸治療は「極端な治療方法」ではないので、健康な状態でも全く問題のない、健康維持に非常に有効な方法の一つです。