2017/04/12

短いか長いか、横なのか縦なのか、クラッシュパッドなのかロープなのか。この各2組のそれぞれ3要素でおおよそのクライミングの内容が定義されます。組み合わせは8通り。8通りをすべてマスターすれば、どこの岩場に行っても楽しめるでしょうし、まさにオールラウンダー。そんなクライマーを目指したいものです。