2017/04/18

岩に課題を作るのと、クライミングジムで課題を作るのは、同じ作るでもちょっと違います。岩にルートを作る、と言いますが、実際には見つけているだけ。本当に作ってしまったら、それは掟破りのチッピングになってしまいます。登るべきラインを見つける、使えそうなホールドを探す、あとは掃除じて必要とあれば岩にアンカーを設置するだけ。その結果簡単なルートになるかもしれないし、世界で数人しか登ることのできないハードな課題になるかもしれませんが、それはやってみなければわかりません。初段の課題がほしい、というようなジムのセットコンペのセットとは違います。ホールドのシェイパーやジムのセッターはクリエイターといっていいかもしれませんが、私の中の定義では岩の開拓は単に見つけているだけで、新たに何かを作っているわけではないことになっています。