2017/06/01

緑と赤の世界の「アメリ」をみる。女の子が好きな映画だとか、サブカル女子が好きな映画だとか言われているようですが、それは表向きの演出の話で、内気な性格の女の子がじいさんにはげまされて勇気を持って一歩前に踏み出す話でした。つまり物語の王道ですよ。細部がよくわからないところがままありましたが、こういう映画はそういうものなので、細部の描写の意味がわからなくても特に問題はありません。