2017/07/04

沢木耕太郎「オリンピア ナチスの森で」を読む。冒頭と最後でレニ・リーフェンシュタールのインタビューがあるのだが、これがすごく面白い。「キャパの十字架」を思い出す、インタビュー。決してウソを暴こうとかそういうのじゃないのだけど、沢木耕太郎が真実へと迫って行く様がとても面白かった。クライマーへのインタービューも、このレベルの人に積極的にしてもらいたい。そんな雑誌があったらものすごく面白いよ。怒られるかもしれないけど、中間の日本人選手へとフォーカスした部分は別にあってもなくてもよかったように感じました。