2017/08/28

「痛みと苦痛と苦労に耐えると性格が歪みます」という理論を提唱したい。性格の歪みとは色々種類があって、文字通りねじ曲がってしまう場合、無感動になる場合、考えなしに自分と同じ体験を後進にさせる、自分が耐えられたんだからお前もできるだろ的な場合などなど。楽しくないと続かないよ。繰り返しますが、苦痛に耐えすぎると自分のだけでなく、他人の苦痛にも鈍感になるだけです。ある意味強さというのは鈍感さのことなのですが。