2017/09/18

梶本修身「すべての疲労は脳が原因」を読む。タイトルがもろ新書のテンプレート!中身もザ・新書!タイトルで売らんかなと言う気合が伝わってきて、非常に清々しいものを感じます。ただ、確かに自律神経の不調が疲労を感じる原因というのはその通りなので、患者さんへの説明にうまく使わせてもらいたいと思います。痛い、とか、疲れた、などを感じるのは、その感じている部位そのものじゃなくて、脳の機能です。脳や神経に異常があれば、火の無いところに煙が立っているような気がしてしまうこともあれば、火の気が全くないのにもかかわらず大火事と認識してしまうこともあります。実際の火事は消防隊、つまり手術や薬で消火できますが、火の気が無いのに火の手が上がってしまっていると感じている場合には、心理療法や鍼灸治療の出番です。