2017/10/05

最大筋力に対する使用する筋力の比率が高くなると、いわゆる「パンプ」することになるので、クライミングの技術的核心の一つは、その比率を下げることです。比率を下げる方法には二つあり、一つは最大筋力そのものを増大させること、もう一つはムーブ技術により使用する筋力を低下させることです。「力は全てを凌駕する」というのは確かに真実で、技術がなくても最大筋力が高ければ全て当人にとっては低負荷の運動になるので、技術を置いてきぼりにしても無問題。もちろん、最強なのは筋力も技術もある者ということには疑いの余地はありません。ちなみに、比率の高い順に、パワー・パワーエンデュランス・ローカルエンデュランス、と便宜的に区分されます。