2017/10/17

「夏の夜の夢」のところで、妖精のイタズラでAがBを好きになり、BがCを好きになり、云々というくだりがあったのですが、それを読んでいて宮藤官九郎脚本「マンハッタンラブストーリー」を思い出しました。かなり演劇的、舞台的なドラマだったのですが、こちらは最終的に元に戻ってWがAを好きになる!、というオチがありました。よく色々な演出方法を勉強しているというのか、それとも、人間の考えることは結局それほど多くのパターンはない、ということになるのか。どちらにしてもとても興味深いですね。