2017/11/16

森博嗣の後に重松清を読むと見事な対比を感じられます。まさにドライオアウェット。