2018/04/17

自分自身が現金をすでにほとんど使わないようにしているというのもあり、治療院ではほとんどの現金以外でのお支払いに対応しています。もちろん、現金でお支払いいただいても全く問題ありません。好みの方法で自分のお金を使えばいいだけと思うのですが、「現金(紙幣と貨幣)で払わないと金銭感覚が麻痺する」というのはどうしてそう思うんでしょうか?お金とは、何かに信用が宿っているというファンタジーを信じているからこそで、現物の紙幣貨幣だろうが預金通帳の数字であろうが同じことですね。ただ、現物でやりとりしないといくら使ったかわからなくなる、という場合には現金使いの方がいいでしょう。おそらくそうなるのはある一定から上の世代で、若い世代はそんなこともなく数字上だけでお金を管理できるようになりますね。