2018/05/19

初期のこち亀で予言されていたゲームのプロ化が現実に。身体格差がないゲームなら平等に競争できる、という要素も現代で普及が促進される要素なっている、という分析記事を読んで納得。つまり、「生まれ」「遺伝」というものをできるだけ排除しようという時代の流れに即しているということでしょう。動体視力や反応性といったゲームに必要な素質もあるじゃないかということはとりあえずおいといても、少なくともクライミングよりは身体格差が影響しないことは確かでしょう。