2018/06/28

準備が整ったので「カラマーゾフの兄弟」を読み始める。兄弟の親父のフョードルが北杜夫「輝ける碧き空の下で」の山口佐吉にそっくりだ!古典を読むと、元ネタというか、モチーフがわかって楽しい。