2018/07/15

現実の事件の当事者感情にタダ乗りして、泣いたり笑ったりするのは下衆です。そこで物語の出番ですよ。そのために、神話とか物語とか小説とかがあるのです。「いいですか、これは作り話ですよ」ということですから。その意味では、当事者のいるノンフィクションの方が取り扱いが難しい。まあ、「月曜から夜ふかし」みたいに一線を越えない下衆番組というのもなかなか楽しいのですが。(最近はたまに一線越えてるけど)