2018/08/08

「悪徳の栄え」は一点の曇りもない悪書であった。悪の皮の下に哲学的思考が隠れている、というのもあまり感じられない。まだ「殺し屋イチ」の方がそういう要素がある気がしますね。