2018/08/05

涸沢ボルダリングDay1。今年のヤマダリングは黒部五郎、じゃなくて、イージーモードの涸沢で。歩くの半分(でも6時間)、小屋とかのインフラも整っていてとても快適、そして、テント場からボルダーまで0分のアクセス。課題は簡単なものから2段まで?涸沢でボルダリングをしてしまうと、もはや安達太良くらいの歩きではヤマダリングとは呼べない。ボルダラーは基本的に歩くのが嫌いですが、頑張って一生に一度は行っといたほうがいいよ。初日は寝不足とアプローチの疲労、ならびに酸素濃度の低下に順応できず、簡単な課題を数本とトラバースを設定しておしまい。