2019/01/17

時間軸が行ったり来たりするし、セリフが多い、小ネタが多い、すぐに脱線する、情報過多、と、色々文句を言われる要素を持っているんですが、今回は50回近く放送のある大河ということで、更に多声性も獲得してしまった!主役以外の登場人物がそれぞれに物語をもって声をあげはじめる。ドストエフスキー的、手塚治虫的と言いましょうか。