2019/10/02

重松清「青い鳥」を読んでます。とある先生を中心としたオムニバス形式なんですが、この形式自体が力を持っているのものあって、なかなか面白いですね。テレビドラマでも使われる形式だし、劇団ひとりの処女作でヒットした「陰日向に咲く」もこれでした。だんだんと背景とか輪郭があらわになってくる面白さ。