2019/10/03

重松清の小説に出てくる学校の描写を読んでいると、やはり学校にはもう二度と行きたくないな、と思ってしまいますね。私は学校に行くのが全く好きじゃない子供でしたよ。