2020/03/06

白洲次郎についての本を読んだ。正確には2度目ですが、随分前なので、だいぶ忘れてました。白洲次郎の率直さに触れると、たしかに爽やかな感じがします。そして、自分とかなり近いものがある気がする。まあ、私は国の大きなものに関わって仕事をする、できる人間じゃないですが、そうじゃないところでの共通点ということです。