2016/11/30

11年振りの城ヶ崎シーサイド。城ヶ崎自体にはちょくちょくきてましたが、シーサイドに降りるのは久しぶりです。まあ、とくに昔と変わったところはなし。その変わらないところが、いい。

2016/11/29

今日も元気に奥多摩氷川でプロジェクトをトライ。今日も元気に牛歩戦術。前回と同じところで詰まってしまうので、よくよく探したら新しく使えるフットホールドを発見。繋げてもできるようになった、かな?

2016/11/28

AでなければBでもない、ましてCですらないZ級映画。エイリアンVSアバター「勝手に戦え!」あなたも忘年会のネタにいかがですか?

2016/11/27

老化による身体の機能低下症状は様々ありますが、「逆流性食道炎」もそのひとつです。原因の一つとして、食道と胃の境目が緩んでしまうことが挙げられています。皮膚も歳をとるとたるんでシワができたりしますが、それが目に見えない内蔵でもおきていると考えるとわかりやすいでしょう。薬だけでは治りにくいようですが、他に対策が全くないわけではありません。皮膚だけでなく筋肉や関節は適切に使ってケアしていれば、老化の速度も遅くなります。内蔵もしかり。患者さんの傾向をみていると、逆流性食道炎を訴える方は、運動不足の中高年女性が多いような気がします。年齢は元に戻すことはできませんが、運動ならいますぐできます。運動して骨格筋を使うことは、内蔵の強化にもつながります。セルフケアの基本は食事・睡眠・運動です。この3つ以外にできることはほとんどありません。病気ではないけど不調なところがある方は、今日から少しでも運動を始めましょう。

2016/11/24

このところ小説ばかり読んでいたので、ノンフィクションを読むことにする。佐野眞一「甘粕正彦 乱心の曠野」、村上春樹「アンダーグラウンド」の2冊を併読。アンダーグラウンドはなんだか医療で言うところの症例報告集みたいだ。なんの判断も評価もしないで、ただそこに事実を並べる。並んだものを見ているうちに、「何か」が自分の中に形作られて、見えてくる。症例報告集はこういう人が来たらこうするとか、単純な類型を発見するためのものだけじゃないのです。

2016/11/23

世の人間は「本を読む人間」と「本を読まない人間」に分けられる。そして、「本を読む人間」は「フィクションを主に読む人間」と「ノンフィクションを主に読む人間」に分けられる。それぞれの間にある溝はそれなりに深い。

2016/11/22

私の好みは「死ぬほどハングドックして一気に登る」。これまでにかけた最大の日数と労力は50日、約150トライ。その前には40日、約120トライというのもありました。数回、もしくは、数日で登れる楽しさもあれば、滅茶苦茶な日数かけて最後の瞬間に最高の気分になれる楽しさもあります。かかった日数と難易度は一概には比例しませんが、充実感には比例します。でも、いまはそこまで長いのはちょっと、という気持ち。シーズンをまたがないくらいが丁度良いです。

2016/11/21

今日は夕方から雨。ところで、俗に低気圧病と呼ばれるものがあって、雨の降り始めには大体の人が調子が悪くなりやすくなります。治療院に来る人も増えます。なんとなく重だるくなったり、ぎっくり腰になったり、肩こりがひどくなったり、生理前症候群がきつくなったり。クライミングも雨の降り始めにするよりは、快晴の時の方がずっと調子が良い。けれども、そんな都合よく登りに行ける日に天気も良いとは限らないので、どんな天気の日にも一定のパフォーマンスを発揮できる体調管理が大切です。仕事も同じ。自分の体調の良し悪しで仕事の質が変わってしまったら、プロとしてお金を払ってもらう価値がありません。