2016/12/10

先日の湯河原では、クラッシュパッドを持った知人が通りかかったので、ファンタジスタにまぜてもらいました。YouTubeで予習してからトライしたのですが、それが全く自分に合わず、いい加減疲れた頃にゼロからムーブを作り直して、形になった頃には疲れて終了!最初にムーブをYouTubeで見るなんて、無駄!無駄!無駄!無駄!最初から自分で考えましょう。(じゃあ最初から見るなよと)

2016/12/09

全国各地でボルダリングエリアの清掃活動が定期的に行われていますが、御岳で今行われていない理由はなんでだろ〜なんでだろ〜。割と当事者なんですが、他人事みたいな言い方ですみません。

2016/12/08

昨日は、またまたお久しぶり岩場シリーズで湯河原正面壁へ。だいたい登り終わっていると思ったら、樵ハングというのがまだ登ってなかったのでやってみる。5.10の湯河原らしい垂壁のアプローチをこなした後に、ちょっとしたハング越え。グーグル検索したら「ジャンピングハイステップで解決した」とあったのだけど、はじめは何のこっちゃだったが、確かにジャンピングハイステップだった(笑)やってみるとわかります。バットマンとかスパイダーキッド前がひらけてすごくスッキリしていたのだが、湯河原町で木を切ってくれたらしい。

2016/12/05

今日もプロジェクト。の、つもりだったのだけど、湿度が高くて体が重いのでやめておく。気分が乗らない時にはやらない、それもまた人生。仕事じゃないからね。

2016/12/03

「この世界の片隅に」話題になってますね。私は漫画で読んでからずっと楽しみにしていたので、公開直後に鑑賞してきました。短い言葉で感想を伝えるのが難しい映画ですが、ひとつ簡単に言えることがあります。松竹さん東宝さん、必ず儲かるので上映館を増やした方がよいですよ。

2016/12/02

自分の限界難易度で一撃必殺を狙わないといけない課題への準備の話。コンディショニングのために数日前にシュミレーションのために中程度の負荷で登ったり、直前に軽く登ったりといった方法が一般的でしょう。が、私の場合にはとにかくひたすら何もしない。なるべくジムにも行かない、ひたすらだらだらしている、というのがあっているようです。人それぞれ。

2016/12/01

足の指の使い方問題。クライミングではフットホールドを親指でつかむようにと教わることが多いですが、親指側に力を入れすぎてしまうと、膝の痛みや外反母趾、パフォーマンスの低下につながります。あくまでも足底や5本の指で「まっすぐに」踏みしめた上で、親指や小指に意識を向けると良いです。ちなみに指が5本だから真ん中の足の中指が力の真ん中、というわけではありません。私の場合にはもう少し親指側に感じます。足の人指し指、もしくは、親指と人指し指の又の部分に気持ちを向けたほうがしっくりきます。みなさんもそれぞれ研究してみてください。とくに正解はありません。