交通事故でむち打ちになってしまった

20代男性

車で通勤途中に後ろからわき見運転をしていた車に追突されてしまった。そのときは大丈夫と思ったものの、次第に気持ち悪くなってきたので病院で診察を受けたところ、骨には異常が見つからず、頚椎捻挫と診断される。首にコルセットをしばらく巻いていたが、もうはずしてもいいといわれたのではずしている。が、気持ち悪さや首を動かすと痛みが残っており、動かしづらい方向もあるので鍼灸治療が有効かと思い来院。

====================

「むち打ち」は「頚椎捻挫」の俗称です。身構えた状態での衝撃に関しては人間の首は結構強くできており、簡単には怪我しないようになっていますが、後ろから追突されるなどは話が違います。予測できない外力にあうと首が揺さぶられ、首が捻挫を起こしたような状態になってしまいます。脳震盪のような状態になるので、直後は気持ち悪くなることも多くあります。そしてこれらの症状は骨折のように外から簡単に判別できません。

むち打ちでは、強い力から首を守るために瞬間的に筋肉が強力に収縮します。そして、それは安静にしているだけでは元に戻りません。このような場合は鍼治療等を行うと、筋肉の不必要な異常緊張を取り除けます。

交通事故の被害者の場合には、相手方の損害賠償保険を適応して無料で治療が受けられるのでご相談ください。